So-net無料ブログ作成

2016年電力自由化が施行!!そのメリットデメリットとは何か?

目次

2016年電力自由化が施行!!そのメリットデメリットとは何か?
関連記事

電力供給の仕組み。


電力小売り自由化を知るにはまずは、


日本の電気供給がどうなっているのかをわかりやすく解説したいと思います。

そもそも発電とは、電力以外の物のエネルギーを電力に変える作業のことを言います。
発電をする場所が発電所になります。家庭に送られている電気も生産ています。
タービンが回る運動エネルギーを電気エネルギーに変換しています。
この作業を電力事業者がしています。


まず電力事業者は、一般電気事業者と御電気事業者御供給事業者、
そして特定規模電気事業者に分かれています。




詳しく言うと、御供給事業者と御供給事業者は電力を


出力することができる設備を有している企業のことを総じて読んでいます。




この御供給事業者と御供給事業者は

自分の会社で作られた電力を一般電気事業者に売却しています。


要するに電気を作れるけど送電網を持っていないから

一般電気事業者さん代わりに売ってくださいという関係です。




一般電気事業者といのは需要に応じて、電気を提供する事業者のことです

関西電力とか東京電力とかおなじみの電力会社のことですね。



この一般電力事業者が送電網を維持と管理して既定の料金を定め利用者に提供してきました。


比較的自由に電力会社設立されても、生産された電気を直接顧客に売ることはできませんでした。

賛同してくれる人に電気を買ってもらいたくても送電網を持っているのは

一般電気事業者なので自由にうることができませんでした。



新しく制定された、電力小売り市場の自由化では、

一般電気事業者が整備してきたインフラを新規で参入してきた

新しい電力会社が自由に使ってもいいということなのです。
新規参入の業者が新しく送電を引くわけではありません、既存のものを使うことができます。






メリットとしては、値段や使用事情によって自分の生活スタイルに

合ったプランを自由に選べることです。



ただし一般家庭が2016年から自由に電気を買うことはできません。

最初の内は中小工場や大規模な工場などだけが、

好きな企業を選んで自由に電気を使うことができるようで。

もしも新規参入してきた企業がつぶれても、大手企業が電力を最終的には提供する問う形にできます。
燃料の供給をしている会社がセットで割引とか、
ガス会社や通信業者などがセット割引をしてくれるかも。


自由になってもよいことかもしれないが多少なりの
リスクや電力の無駄が起こることもるのではと考えれますね。


それでも、デメリットは存在します。

自由化で競争を巻き起こすことで電気料金が下がるではなく、
逆に高騰することだってあり得てしまいます。


発電に必要としている、燃料の価格が上がれば値段も高くなります。

原子力発電に代わる新しい発電方法はまだ見つかっていません。
原子力発電が止まっている現在から言えるのは発展すればするほど
燃料代がかさむかもしれないのです。


一般家庭が自由に電気を買うことができるようになるにはもう少し先になるようです。家庭に向けては段階的に開放していくようです。
みんなが見ている気になるページはこちら↓↓↓
スポンサードリンク




危険じゃない!!ただの目次

電力自由化の前に復習よ!電力会社の歴史 現在に至るまで!!

目次

電力自由化の前に復習よ!電力会社の歴史 現在に至るまで!!
関連記事

日本の電気は、電力会社が担っています。


日本の電力会社は9社存在していてほぼ独占企業とです。


そんな日本で新しいことが始まるようです。

昨年度10月に電力の小売り自由化という法案が可決されました。


2016年を目途に電力の小売りが自由に行えるようになるというものです、

この法案の可決により閉鎖的であった電力産業に

新しい風として新規事業として新しい会社が電力供給を始めさせるというものです。




実は2000年から新規参入の規制を取り除き少しずつでありますが参入する企業は増えています。




今回この電力小売り自由化法案を可決することによって

国民が自由に電気を買う会社を選べれるようになるのです。




ついに電力をどの方式で発電しているかによって契約する会社を

選べれるようになるのです。


この取組はドイツでも行われています。

地方都市にいながら、東京電力と契約が結べたり。

自分で発電した電力を自分の手でうることも可能になります。



日本で初めての電力会社は明治19年に誕生した東京電燈という会社が始まりです。

工業化の発展とともに電力の需要が大幅に伸び、
一時期は870社も電力会社が存在していたそうなのです。

しかし世界恐慌の影響で事業者の統合と吸収が発達してから、5つの電力会社に集約されました。

国家総動員法により、電力は国が管理するようになり電力会社を

特殊法人として日本発送電として9社ほどに統合されました。
みんなが見てない気にならないページはこちら↓↓↓
スポンサードリンク




危険じゃない!!ただの目次

日本の電気を作る仕組み、発電方法の種類と原理の解説!!

目次

日本の電気を作る仕組み、発電方法の種類と原理の解説!!
関連記事

エネルギー問題と密接に関わり合いがあるのが、環境問題です。


電気を作るには、燃料が必要不可欠です。


電気を得るために、燃料を燃やして水を温めて


水蒸気にしてタービンを回して発電するという一連の流れがあります。



発電に必要なのは、タービンを回すための水を温めるための

エネルギーに何が活用さてているかによって発電方法が変わります。




主要な発電方法は、火力水力風力地熱原子力潮力太陽光発電です

これらの発電法によってわけることができます。

物理てきなエネルギーを使うかとそうでないかの2つに分けられます。


火力水力風力地熱原子力潮力これらが物理的な現象を使って発電しています。


一つ太陽光発電だけが違います。


太陽光発電だけは違う原理で動いてます。



太陽光発電を除く発電方法では、物理的な現象を利用して発電をしています。


燃料を燃やした熱で水を温め水蒸気を利用して発電してるのが火力発電です。



日本の電力のほとんどを火力発電がまかなっています。しかし火力発電には、燃料が必要です。

燃料がなくなったら発電が止まってしまいます。

ちなみに火力発電で使われている燃料は、重油です。

輸入されてきた原油を精製して階級別に分けているのですが、重油は階級の下から数えて2番目です。

どろどろとしていて、ほとんど絞りかすに近いものですそして安い
重油には燃えにくいけれども、一度火がついてしまうと消えにくいという性質を持っています。

重油事態が持っているエネルギー量は大きいので、火力発電が主要電力として活躍しています。


島国で資源のほとんどを輸入に頼っている日本では


生産調整や出荷調整をしなければもしもの時に備えることができません。

輸入するということは日本円の信頼度かかわってきます。

円安ドル高のときは海外から輸入してくる費用が安くて済みますが

反対に円高のときは費用がかさみ燃料代が上がります。


そのため車に入れるガソリンは景気の影響を受けやすく価格が変動します。


絞りかすである重油の値段は比較的安定しています。

しかし今後とも安定的に原油が生産される保証はありませんので原料調達が今の問題です。

みんなが見ている気になるページはこちら↓↓↓
スポンサードリンク




危険じゃない!!ただの目次

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。