So-net無料ブログ作成
検索選択
前の3件 | -

電力自由化法案施行!!大手電力会社等事業にかけられる規制案とは?

目次

電力自由化法案施行!!大手電力会社等事業にかけられる規制案とは?
関連記事

電力自由化に向けての規制案発表

規制案 改正案 電力自由化法案 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


経済産業省は、平成30年を目途に大手電力会社から送配電部門を切り離し
新しい電力システムの改革を始めることをご存じだろう。電力自由化法案のことである。

従来は、電力会社は電力を供給する送電網を保守点検し、
顧客に電力を提供してきおりほぼ地域では独占企業状態であった。

これではいけないという意見からか送電網部門を電力会社から切り離して、
電力業者同士で競争させる自由競争を狙っている模様である。

自由化後に新規参入する企業との競争条件を公平にするた今雇っている従業員の
移動を制限する案にも踏み込んでいるようだ。

心理的な法則に、数の少ない方と数の多い方のどちらに属すかというときに、
人間は数の多い方を選ぶ傾向にある。

そのための対策もとらなければならない自由化したところで新規参入の企業に
顧客がつかなければ自由化をした意味がない。

そのための規制案が検討されているようだ。

大手電力が母体の送配電会社がグループ会社を優遇しないようにし、
競争を促す制度設計が一番の課題である。

これに対抗するため制度案では、送配電会社の取締役
グループの発電・小売り会社の取締役を兼任することを禁止、
取締役退任後も2年程度は就任を禁じるとうものを規定するそうだ。
みんなが見ている気になるページはこちら↓↓↓
スポンサードリンク




危険じゃない!!ただの目次

電力小売自由化とはいったい何?わかりやすく解説

目次

電力小売自由化とはいったい何?わかりやすく解説
関連記事

電力自由化といのはなんなのでしょう。
できるだけわかりやすく解説してみます。


日本は、北海道電力、東北電力、東京電力、北陸電力、
中部電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力の
10の電力会社が電気を供給しています。


需要に応じて、電気を提供するしてくれています。
現在はこの主要な10社が送電網を維持と管理して既定の料金を定め利用者に提供してきました・。

新しく制定された、
電力小売り市場の自由化では、
一般電気事業者が整備してきたインフラを新規で
参入してきた新しい電力会社が自由に使ってもいいということなのです。

今のところ、新規で電気を販売したいと届け出ている企業は224社もあるそうなのです。
地域に限定せず、東京に居ながら北海道から電気を買うことができます。
長距離になるとロスもありそうですが。

ちなみに電気は、距離が遠くなればなるほど電気エネルギーがへり
熱エネルギーに代わってしまうという性質があるので、
北海道から東京に着くまでに半分ぐらいが熱エネルギーに代わってしまっているかもしれないです。
あっでも大丈夫です、電子部品をつかって制御するので
電力が半分しか届かないなんてことはないと思います。


ただし一般家庭が自由に電気を自由に買うことができるようになるまでは先のようです。
段階的に開放していき平成30年ぐらいから、一般家庭でも自由に選択できるようにするとのこと。


しばらくの間だけは中小工場や大規模な工場などだけが、
好きな企業を選んで自由に電気を使うことができるのです。


電力会社はその地域おいて需要を独占している状況でありますが。
新法案の可決で自由に選ぶことができるようになるのです。

エコロジーの考えを会社で採用しているのに、
電力の提供は全くエコロジーでない発電方法を
している電力会社からの電気を供給されている状況です。

電気を使用すなら、会社を選ぶことだって主張できる権利なのです。

この電力市場自由化は簡単に説明すると買うことのできる電気を選べることにあるのです。

ショッピングモールの運営をしていて、エコロジーな発電をしている会社
から電気を高くても賛同してくれたら契約してくれることも可能になるのです。

そして値段も自由に交渉することができるのです。
あくまでも、自由部門の中だけです。

一般家庭で個別契約は段階的に行っていくそうです。
みんなが見てない気にならないページはこちら↓↓↓
スポンサードリンク




危険じゃない!!ただの目次

前の3件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。