So-net無料ブログ作成

電力自由化法案施行!!大手電力会社等事業にかけられる規制案とは?

スポンサードリンク




目次

電力自由化法案施行!!大手電力会社等事業にかけられる規制案とは?
関連記事

電力自由化に向けての規制案発表

規制案 改正案 電力自由化法案 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


経済産業省は、平成30年を目途に大手電力会社から送配電部門を切り離し
新しい電力システムの改革を始めることをご存じだろう。電力自由化法案のことである。

従来は、電力会社は電力を供給する送電網を保守点検し、
顧客に電力を提供してきおりほぼ地域では独占企業状態であった。

これではいけないという意見からか送電網部門を電力会社から切り離して、
電力業者同士で競争させる自由競争を狙っている模様である。

自由化後に新規参入する企業との競争条件を公平にするた今雇っている従業員の
移動を制限する案にも踏み込んでいるようだ。

心理的な法則に、数の少ない方と数の多い方のどちらに属すかというときに、
人間は数の多い方を選ぶ傾向にある。

そのための対策もとらなければならない自由化したところで新規参入の企業に
顧客がつかなければ自由化をした意味がない。

そのための規制案が検討されているようだ。

大手電力が母体の送配電会社がグループ会社を優遇しないようにし、
競争を促す制度設計が一番の課題である。

これに対抗するため制度案では、送配電会社の取締役が
グループの発電・小売り会社の取締役を兼任することを禁止、
取締役退任後も2年程度は就任を禁じるとうものを規定するそうだ。
みんなが見ている気になるページはこちら↓↓↓
スポンサードリンク




危険じゃない!!ただの目次
↓↓↓お買い物はこちらへ↓↓↓

←↑買い物するならここがおすすめ↑↑↑




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。