So-net無料ブログ作成
検索選択

2016年電力自由化が施行!!そのメリットデメリットとは何か?

スポンサードリンク




目次

2016年電力自由化が施行!!そのメリットデメリットとは何か?
関連記事

電力供給の仕組み。


電力小売り自由化を知るにはまずは、


日本の電気供給がどうなっているのかをわかりやすく解説したいと思います。

そもそも発電とは、電力以外の物のエネルギーを電力に変える作業のことを言います。
発電をする場所が発電所になります。家庭に送られている電気も生産ています。
タービンが回る運動エネルギーを電気エネルギーに変換しています。
この作業を電力事業者がしています。


まず電力事業者は、一般電気事業者と御電気事業者御供給事業者、
そして特定規模電気事業者に分かれています。




詳しく言うと、御供給事業者と御供給事業者は電力を


出力することができる設備を有している企業のことを総じて読んでいます。




この御供給事業者と御供給事業者は

自分の会社で作られた電力を一般電気事業者に売却しています。


要するに電気を作れるけど送電網を持っていないから

一般電気事業者さん代わりに売ってくださいという関係です。




一般電気事業者といのは需要に応じて、電気を提供する事業者のことです

関西電力とか東京電力とかおなじみの電力会社のことですね。



この一般電力事業者が送電網を維持と管理して既定の料金を定め利用者に提供してきました。


比較的自由に電力会社設立されても、生産された電気を直接顧客に売ることはできませんでした。

賛同してくれる人に電気を買ってもらいたくても送電網を持っているのは

一般電気事業者なので自由にうることができませんでした。



新しく制定された、電力小売り市場の自由化では、

一般電気事業者が整備してきたインフラを新規で参入してきた

新しい電力会社が自由に使ってもいいということなのです。
新規参入の業者が新しく送電を引くわけではありません、既存のものを使うことができます。






メリットとしては、値段や使用事情によって自分の生活スタイル

合ったプランを自由に選べることです。



ただし一般家庭が2016年から自由に電気を買うことはできません。

最初の内は中小工場や大規模な工場などだけが、

好きな企業を選んで自由に電気を使うことができるようで。

もしも新規参入してきた企業がつぶれても、大手企業が電力を最終的には提供する問う形にできます。
燃料の供給をしている会社がセットで割引とか、
ガス会社や通信業者などがセット割引をしてくれるかも。


自由になってもよいことかもしれないが多少なりの
リスクや電力の無駄が起こることもるのではと考えれますね。


それでも、デメリットは存在します。

自由化で競争を巻き起こすことで電気料金が下がるではなく、
逆に高騰することだってあり得てしまいます。


発電に必要としている、燃料の価格が上がれば値段も高くなります。

原子力発電に代わる新しい発電方法はまだ見つかっていません。
原子力発電が止まっている現在から言えるのは発展すればするほど
燃料代がかさむかもしれないのです。


一般家庭が自由に電気を買うことができるようになるにはもう少し先になるようです。家庭に向けては段階的に開放していくようです。
みんなが見ている気になるページはこちら↓↓↓
スポンサードリンク




危険じゃない!!ただの目次
↓↓↓お買い物はこちらへ↓↓↓

←↑買い物するならここがおすすめ↑↑↑




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。