So-net無料ブログ作成

電力自由化の前に復習よ!電力会社の歴史 現在に至るまで!!

スポンサードリンク




目次

電力自由化の前に復習よ!電力会社の歴史 現在に至るまで!!
関連記事

日本の電気は、電力会社が担っています。


日本の電力会社は9社存在していてほぼ独占企業とです。


そんな日本で新しいことが始まるようです。

昨年度10月に電力の小売り自由化という法案が可決されました。


2016年を目途に電力の小売りが自由に行えるようになるというものです、

この法案の可決により閉鎖的であった電力産業に

新しい風として新規事業として新しい会社が電力供給を始めさせるというものです。




実は2000年から新規参入の規制を取り除き少しずつでありますが参入する企業は増えています。




今回この電力小売り自由化法案を可決することによって

国民が自由に電気を買う会社を選べれるようになるのです。




ついに電力をどの方式で発電しているかによって契約する会社を

選べれるようになるのです。


この取組はドイツでも行われています。

地方都市にいながら、東京電力と契約が結べたり。

自分で発電した電力を自分の手でうることも可能になります。



日本で初めての電力会社は明治19年に誕生した東京電燈という会社が始まりです。

工業化の発展とともに電力の需要が大幅に伸び、
一時期は870社も電力会社が存在していたそうなのです。

しかし世界恐慌の影響で事業者の統合と吸収が発達してから、5つの電力会社に集約されました。

国家総動員法により、電力は国が管理するようになり電力会社を

特殊法人として日本発送電として9社ほどに統合されました。
みんなが見てない気にならないページはこちら↓↓↓
スポンサードリンク




危険じゃない!!ただの目次
↓↓↓お買い物はこちらへ↓↓↓

←↑買い物するならここがおすすめ↑↑↑




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。