So-net無料ブログ作成

日本の電気を作る仕組み、発電方法の種類と原理の解説!!

スポンサードリンク




目次

日本の電気を作る仕組み、発電方法の種類と原理の解説!!
関連記事

エネルギー問題と密接に関わり合いがあるのが、環境問題です。


電気を作るには、燃料が必要不可欠です。


電気を得るために、燃料を燃やして水を温めて


水蒸気にしてタービンを回して発電するという一連の流れがあります。



発電に必要なのは、タービンを回すための水を温めるための

エネルギーに何が活用さてているかによって発電方法が変わります。




主要な発電方法は、火力水力風力地熱原子力潮力太陽光発電です

これらの発電法によってわけることができます。

物理てきなエネルギーを使うかとそうでないかの2つに分けられます。


火力水力風力地熱原子力潮力これらが物理的な現象を使って発電しています。


一つ太陽光発電だけが違います。


太陽光発電だけは違う原理で動いてます。



太陽光発電を除く発電方法では、物理的な現象を利用して発電をしています。


燃料を燃やした熱で水を温め水蒸気を利用して発電してるのが火力発電です。



日本の電力のほとんどを火力発電がまかなっています。しかし火力発電には、燃料が必要です。

燃料がなくなったら発電が止まってしまいます。

ちなみに火力発電で使われている燃料は、重油です。

輸入されてきた原油を精製して階級別に分けているのですが、重油は階級の下から数えて2番目です。

どろどろとしていて、ほとんど絞りかすに近いものですそして安い
重油には燃えにくいけれども、一度火がついてしまうと消えにくいという性質を持っています。

重油事態が持っているエネルギー量は大きいので、火力発電が主要電力として活躍しています。


島国で資源のほとんどを輸入に頼っている日本では


生産調整や出荷調整をしなければもしもの時に備えることができません。

輸入するということは日本円の信頼度かかわってきます。

円安ドル高のときは海外から輸入してくる費用が安くて済みますが

反対に円高のときは費用がかさみ燃料代が上がります。


そのため車に入れるガソリンは景気の影響を受けやすく価格が変動します。


絞りかすである重油の値段は比較的安定しています。

しかし今後とも安定的に原油が生産される保証はありませんので原料調達が今の問題です。

みんなが見ている気になるページはこちら↓↓↓
スポンサードリンク




危険じゃない!!ただの目次
↓↓↓お買い物はこちらへ↓↓↓

←↑買い物するならここがおすすめ↑↑↑




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。