So-net無料ブログ作成

電力小売市場自由化の内訳とその規模 電力市場とは?!

スポンサードリンク




目次

電力小売市場自由化の内訳とその規模 電力市場とは?!
関連記事

日暮れの時間が早くなりました。


日は暮れても町は明るい、光が消えることはないです。



現代に電気は欠かせないものとなっています。




現代から見てこれからの文明の発達には電気は欠かせないものになっていると思います。


自分の理解も兼ねて、日本を取り巻く電気のことを調べてみたいと思います。

日本の経済も今や電気が作っているのではないでしょうか。

日本産業の根幹をなす車を作るのにも電気は欠かせないですし、

今の車はほとんどが電子制御されているので電気で動いています。


どんな産業にも電気は欠かせないです。
電気といってもなかなかしっくり来ません、
当たり前に使っているのですから。

文明の発達と電気は切っても切れない関係です。

古代に栄えた4大文明の一つの古代エジプト、
ここでも電気が使われていたかもしれないとさえ言われているのです。


ここは別記事で取り上げてみます。

さてさて、では現代の日本の話に戻ります。

日本は島国で、輸入大国だというのが大前提です。
自給率というのですが、国の中でどの程度国内で生産されているかというものです。



電力における日本の自給率は6%です。

なんでこんなにも低いのかというと、発電に伴うエネルギー(燃料)をほとんど輸入に頼っているからです。


日本の電気を支えているのは、火力発電です。

火力発電に使われているエネルギーは、原油ですね。


海外からの輸入に頼り切っているので輸入ができなくなったら、

日本の経済活動がほとんど止まってしまうという恐れがあるのです。


たとえば、輸入しているので運ぶ手段はタンカーで運のが一般的です。

輸入の相手先はイランイラクサウジアラビア、この国と日本をつなぐには

ぜったいに通らなければならないのがホルムズ海峡。


この海峡で事件が勃発したら大変な事態になることが予想されますね。


電気を取り巻く事象から事情までをちょこちょこ更新してきます。


みんなが見てない気にならないページはこちら↓↓↓
スポンサードリンク




危険じゃない!!ただの目次

↓↓↓お買い物はこちらへ↓↓↓

←↑買い物するならここがおすすめ↑↑↑




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。